忍者ブログ
妄想小説妄想小説
蒼牙と如月が送るなんだか良く判らないリレー小説
[3]  [2]  [1] 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 蝉が鳴いている中を、蒸し暑い空気の中を、ルルーシュは走っていた。

 ニホンの夏は暑く、さらに酷く湿気ている。じりじりと照りつける太陽に体力は容赦なく奪われていくし、もともとインドア派だった彼には少々きつい探索作業だとも言える。
(それもこれも…)
 木陰に入ると、どっと汗が噴出してくる。
「……」
 苛々とそれを袖で拭いながら、ルルーシュはどこまでも広がっているような森を、仇でも眺めるような目で睨みつける。

「ナナリー!!!」

 怒鳴ってみても…勿論、返答などは帰ってくるわけも無い。
 せめてもっと人手があれば、とか、せめてもっと判りやすい場所だったら、と…ちらりと怒りが頭の隅を過ぎるが、だがそれはすぐ焦燥にとって変わった。

 ナナリーが通常の子供であれば、大して心配する事も無いだろう。だが彼女は、日本に預けられた人質であり…命の危険は、いつも彼女に付きまとってきている。
 勿論、そういった意味ではルルーシュ自身も、一人で出歩くには危険すぎる立場であることは間違いなかった。

PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © 妄想小説 All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]